ダイノックシートと一般的な壁紙の違い|ダイノックシートの施工ならビビッドへご用命ください。

質問

ダイノックシートと一般的な壁紙はどう違いますか?

レンタルスペースを展開している会社なのですが、この度リフォームを考えている店舗があり、壁紙クロスのリフォーム業者をどうしようかと検討しています。リフォームを予定している店舗は若いママさんとお子様などのランチ会やお誕生日会などで利用されることが多く、明るく可愛い感じの部屋イメージです。お子様がボールやおもちゃを使って遊んだりされるため、汚れにくく傷がつきにくい丈夫なモノが理想です。そこでダイノックシートが良いというようなことを聞きましたが、一般的な壁紙とどのくらい違うものでしょうか?どこの業者でも扱っているのでしょうか?

回答

ダイノックシートはより耐久性に優れお手入れが簡単なのがメリットです

ダイノックシートは3Mが製造しているもので、一般的なクロス・壁紙よりも耐久性があり、お手入れが簡単なことが特徴です。柄や色味も豊富に展開しているため、お客様のご希望に合ったものが見つかるでしょう。また、ダイノックシートはドアやエレベーターなど壁以外の場所にも施工が可能です。傷がつきにくいシートや玄関専用シート、屋外対応シートなど数多くの商材があり用途ごとに目的に応じたシートが選べるのも特徴です。そのため、店舗新規工事やマンションリニューアル現場、一般の住宅まで幅広く利用されています。ダイノックシートの施行を専門に行う業者へ依頼されると安心です。クロスは扱い慣れた職人が施工するのが間違いなく、仕上がりの美しさも違います。ダイノックシート施工専門店へ依頼されるとよいでしょう。

このページの先頭に戻る

株式会社ビビッド