ダイノックシートと壁紙の違い|ダイノックシートの施工ならビビッドへご用命ください。

質問

ダイノックシートと壁紙はどう違いますか?

壁や扉、机などの家具にも施工できるダイノックシートというものがあると聞きました。これを扱う専門業者があるそうですが、一般の壁紙とどう違いますか?エレベーターにも施工出来るのでしょうか?耐用年数はどのくらいでしょうか?自分はフリーランスで事務所を持っているのですが、事務所内をリニューアルしたいなと以前から思い、なるべく経費を抑えられるリフォームはないかと調べていました。ビルのエレベーターの中も傷が多いため、施工が可能で費用が嵩まないようでしたらオーナーへ提案しようと思います。情報のある方居ましたら教えて下さい。

回答

ダイノックシートは耐久性・メンテナンス性が高く、経済的な施工です

ダイノックシートは壁紙やクロスよりも耐久性があり、メンテナンスが簡単です。美しさが長持ちし、耐水性に優れているほか、防火性能では国土交通省の不燃認定を取得しています。そのため、ご家庭をはじめ、ホテルや店舗、ビルやオフィス、エレベーターなど幅広い場所へ施工が可能です。
屋内はもちろん、屋外でも利用することができます。リフォームの手間や費用を大きく省くことができ、経済的な施工として需要が増えています。このダイノックシート施工を専門に行う業者が横浜にあります。東京・神奈川エリアにおいて年間200件以上の実績があります。木目、抽象柄、単色、メタリック柄など900種類を超える商品を扱い、お客様のご要望に合わせた柄を提案してくれます。
その他、ご質問がありましたら何でも相談されるとよいでしょう。

このページの先頭に戻る

株式会社ビビッド